セレクトショップ特集

セレクトショップ : ESTNATION(エストネーション)の魅力とは?


 

現役セレクトショップ店員のナスです。

今回は東京を中心に店舗を構えるショップ、ESTNATION(エストネーション)について。

東京ではそこそこ有名なセレクトショップで、著名人にも多くのファンがいるセレクトショップですが、現役セレクトショップ店員から見たエストネーションの魅力を余すことなく書きます。

 

スポンサーリンク




 

そもそも、エストネーションとは?


 

「エストネーション」というストア名には「東の国」から、という想いが込められていますが、その原点となったのは「東京発信」という発想でした。ノンストップで変化を続け、新しい姿を現す街、東京。その独自のエネルギーをファッションに表現し、東京だけが持つ魅力を東京に生きる皆さまに、個性豊かにまとっていただく。そして、しなやかなモードの絆で東京を起点に世界中をつないでいきたいと思っています。

引用

 

エストネーションは2001年にスタートした、比較的歴史の浅い東京発祥のセレクトショップですね。

コンセプトはあくまで”東京発信”というように、世界中の有名ブランドを揃えながらも東京流にアレンジしたモダンな品揃えが特徴です。

また、「ニューラグジュアリーストア」というように、近年の高級セレクトショップの代名詞的存在になりつつあります。

一号店の有楽町店を皮切りに、2003年に六本木ヒルズ店(旗艦店)、2008年に銀座店、2012年に初の地方店である名古屋店のオープンと、2017年現在では全国各地に10店舗(アウトレット込みだと13店舗)を構えるまでになりました。

 

👉ESTNATION STORE LIST

 

出典:tenナビ

 

 

都内の一等地に唯一無二の圧倒的スケール感!


 

エストネーションの魅力は都内の一等地に店舗を構えながらも、唯一無二の圧倒的スケール感を実現しているところですね。

 

まずは、有楽町店。

出典:tenナビ

なんとJR有楽町駅の真裏にあります。横断歩道を渡ってすぐ、徒歩30秒です。

広々とした2フロア構造。

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-10-1
有楽町ビル1・2F

 

次に、銀座店。

出典:ルトロン

銀座の並木通りに構える店舗は3フロア構造!2017年3月に全面リニューアルされており、多くのファッションサイトにも取り上げられるほど、注目度が増しているストアの一つです。

〒104-0061
東京都中央区銀座2-3-6
銀座並木通りビル1F-3F

 

そして、特出すべきは旗艦店の六本木ヒルズ店。

圧倒的敷地面積の2フロア構造、日本のセレクトショップでも屈指のスケール感ではないでしょうか。

出典:六本木ヒルズ公式ホームページ

あの六本木ヒルズで一番の敷地面積を誇るだけあって、他のセレクトショップにはない独特の空気感を感じることができます。

〒106-0032
東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズ
ヒルサイド けやき坂コンプレックス1F・2F

 

 

 

広いだけではない!世界各地から一流ブランドをセレクト!


 

エストネーションのラインナップは常に幅広く、本物志向のブランドばかり。

 

ハイカジュアルブランド👉

AG、RED CARDなどのデニムブランド他、DENHAMのショップインショップもあります。トップスはFrank&EileenやSea Greenなど。雑誌だと「Safari」系統ですね。

 

コンテンポラリーカジュアルブランド👉

AMIやACNEなどの人気海外ブランド他、SacaiやKolor、08sircasなどの日本を代表するデザイナーズブランドなど。また、コムデギャルソンのショップインショップもあります。雑誌だと「UOMO」系統ですね。

 

デザイナーズブランド👉

Maison Margiela、LANVIN、JIL SANDERなどのニュートラルなブランドから、Neil BarrettやGIVENCHY、BALMAINなどの少し尖ったブランドまで豊富に取り扱いあり。雑誌だと「SENSE」系統ですね。

 

モードストリートブランド👉

RICK OWENSやYohji Yamamotoなどの普遍的なブランドから、Marcelo BurlonやPalm Angels、MR.COMPLETELYやLOCAL AUTHORITYなどの今をときめく新興勢力ブランドまで。また、日本でも限られた店舗でしか展開することができない「AMIRI」を取り扱っているのも注目です。

 

ドレスカジュアルブランド👉

Finamore、ORIAN、BARBA等のカジュアルラインのシャツ、INCOTEXやPT01などの一流パンツメーカーなどの品揃え。また、EleventyやCIRCOLO、HARRISなどのカジュアルジャケットなども豊富です。雑誌だと「MEN’S CLUB」「LEON」ですね。

 

ドレスブランド👉

TAGLIATOREやLARDINIなどの近年のドレス市場を席巻しているブランドは勿論、ISAIAやBELVEST、SARTRIOやORAZIO LUCIANOなどのクラシコイタリアの代表格のブランドなど豊富な品揃え。手に取りやすいものから至極の一品まで幅広い取り扱いがあります。雑誌だと「MEN’S EX」ですね。

 

このブランドラインナップを羅列してみると、一つのお店に集約することが困難な圧倒的品揃えであることがわかります。

地方店など一部では上記ブランドを取り扱ってないことがありますが、圧倒的敷地面積を誇る六本木ヒルズ店は全て取り揃えています。

実際、ここまで幅広いのは日本国内でエストネーションとバーニーズニューヨークくらいでは?

 

また、エストネーションは積極的に国内外の新鋭ブランドを誘致しているのも特徴です。

 

過去にはAMIRIのデザイナーを招いたイベントを企画したり

“AMIRI” 2017 SPRING & SUMMER DESIGNER APPEARANCE 11/29 Tue. 17:00 – 20:00 六本木ヒルズ店 本日、20:00まで開催しております。ぜひこの機会にご来店ください。皆さまのお越しをお待ちしております。 – エストネーション六本木ヒルズ店において、11月29日(火)、1日限定の「AMIRI INSTAGRAM PRESENT CAMPAIGN」を実施します。六本木ヒルズ店にお越しいただき、AMIRIを用いたコーディネイトや店内に提示・ディスプレイしてあるアイテム等、AMIRIに関連する写真を撮影し、「#amiri_estnation」のハッシュタグを付けてインスタグラムに写真をUPして下さった方の中から抽選で1名様に、”AMIRI 2017 Spring&Summer Collection”のTシャツを1枚プレゼント致します。なお、アカウントを非公開に設定されている方は、当社にて写真が確認できるよう公開設定にしてご参加ください。 – #estnation #amiri #mikeamiri #leatherjacket #sense #sensemagazine #roppongihills #roppongi

ESTNATIONさん(@estnation_jp)がシェアした投稿 –

 

Marcelo Burlon本人を招いたり

– “MARCELO BURLON COUNTY OF MILAN” POP-UP STORE & DESIGNER APPEARANCE 3/17 Fri. – 3/31 Fri. 六本木ヒルズ店 – ミランを拠点に活動し、ファッションPR、DJ、映画プロデューサー、クリエイティブディレクター、哲学者といったマルチな肩書きを持つマルセロ・ブロンがクリエイティブディレクターを務める新進気鋭ブランド”MARCELO BURLON COUNTY OF MILAN”。 2017年春夏の新作アイテムを一同にご覧いただけるPOP-UP STOREを開催いたします。ぜひこの機会にご来店ください。 – DESIGNER APPEARANCE 3/24 Fri. 17:30~18:15 六本木ヒルズ店 1F 上記の日時で、デザイナーを六本木ヒルズ店にお招きし、デザイナーアピアランスイベントを開催いたします。貴重な時間をお楽しみください。

ESTNATIONさん(@estnation_jp)がシェアした投稿 –

 

入手困難なプレミアムスニーカーの代表格、Yeezy Boostの取り扱いも開始するなど


世界的なストリートシーンの盛り上がりに合わせて、ストリートブランドを強化していますね。

このように、エストネーションは世界規模で勢いのあるブランドをセレクトし、シーンの開拓にも力を入れるなど、「日本の最先端」な存在になりつつあります。

 

 

セレクトブランドだけではない!オリジナルブランドも根強い人気


 

セレクトブランドだけではなく、エストネーションのオリジナルブランドも根強い人気がありますね。

 

サテン生地を使った光沢のあるブルゾン

異素材の切り替え、レザージャケット

LEATHER | SPRING SUMMER 2017 by #estnation

ESTNATIONさん(@estnation_jp)がシェアした投稿 –

LEATHER | SPRING SUMMER 2017 by #estnation

ESTNATIONさん(@estnation_jp)がシェアした投稿 –

 

エストネーションのオリジナルは、他のセレクトショップが決して出さないような挑戦的なアイテムが多いのが特徴ですね。

奇抜まではいかないものの、独特なデザインや豊富なアイディアが結集された商材を作っているのも特徴です。

 

また、LEONやSafariなどの雑誌で見開き1ページまるまる使ってエストネーションのオリジナルの特集が頻繁に組まれているほど、世間的にも注目されていますね。

 

 

まとめ:エストネーションに行けばなんでも揃う


 

今回はメンズ商材のアイテム紹介が主でしたが、一般的にはウィメンズやコスメ、アクセなどの商材が強いイメージがあります。

また、どのディビジョンにおいても、日本でエストネーションでしか取り扱うことができない商材などがあり、日本の「ニューラグジュアリーストア」の代表格であるのは紛れもない事実。

 

また、多くの著名人が御用達なのは

「エストネーションに行けばなんでも揃う」

という安心感が浸透しているからでしょうね。

 

決して安いとは言えないアイテムを揃えているからこそ

至極の一品を求めに行く際は是非、エストネーションをファーストチョイスにしてみては?

 

絶対に満足できる一品に出会えるはずです。

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…
  2. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿
  3. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. セール特集

    【2017冬セール開幕】セール期間に急にオシャレなお客さんが増えるのは何故か?
  2. セレクトショップ特集

    セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…
  3. ファッション哲学

    リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿
  4. 雑記

    『恥をかいた分だけ自由になれる』 改めて多動力を読み返してみた
  5. ナスのファッション指南

    ナスのコーディネートにみる「引き締め要素」の重要性
PAGE TOP