セレクトショップ特集

セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?


 

こんにちは。ナスです。

今回は日本のセレクトショップの代表格であるユナイテッドアローズについて。

もはや、記事を書く必要性があるのか…というくらい浸透しているユナイテッドアローズですが、その魅力を現役セレクトショップ店員の僕が力説します。

 

スポンサーリンク




 

そもそも、ユナイテッドアローズとは?


 

「豊かさ・上質感」をキーワードに大人に向けたドレス軸のライフスタイルを提案

ユナイテッドアローズはファッションを通して新しい日本の生活文化の創造を目指して「豊かさ・上質感」をキーワードに、大人に向けたドレス軸のライフスタイルを提案するセレクトショップです。日本と西洋の文化・伝統を融合するトラッドマインドで、世界中から選びぬいた品とオリジナルを、心地よい空間で、良質な接客・サービスを通してご提供します。

http://store.united-arrows.co.jp/storelist/ua.html

ユナイテッドアローズは1989年創設の日本のセレクトショップです。

もともとビームスにいた方たちが離脱して立ち上げ、1992年に旗艦店の「ユナイテッドアローズ原宿本店」をオープン。

今じゃ、ビームスと並び名実ともに日本のセレクトショップの代表格となりました。

 

 

 

ブランドイメージは”スタイリッシュ” セレクトやオリジナルのセンスの良さ


 

ユナイテッドアローズは国産セレクトショップという事もあり、日本人の体型を苦慮したバランスの良い商品構成が魅力的です。

特に、セレクトアイテムやオリジナルアイテム問わず共通しているのは、”洗練されたスタイリッシュさ”です。

若干ポップなビームスに比べて、カジュアルテイストを抑えドレス要素を+する事で、カジュアルとドレスを上手くミックスした万人受けするスタイリッシュなオシャレを提供しています。

mando for UNITED ARROWS “double breasted set up suit” #mando #UnitedArrows #looks #2017ss

UNITED ARROWSさん(@unitedarrows_official)がシェアした投稿 –

 

 

それぞれでターゲットが異なる多種多様なブランドライン


 

ユナイテッドアローズには多くのブランド(レーベル)があり、それぞれでターゲットとする年齢層やファッション感が異なります。

レーベルがあまりに多いので、今回は厳選してご紹介します。

 

  • UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

「豊かさ・上質感」をキーワードに大人に向けたドレス軸のライフスタイルを提案

ユナイテッドアローズはファッションを通して新しい日本の生活文化の創造を目指して「豊かさ・上質感」をキーワードに、大人に向けたドレス軸のライフスタイルを提案するセレクトショップです。日本と西洋の文化・伝統を融合するトラッドマインドで、世界中から選びぬいた品とオリジナルを、心地よい空間で、良質な接客・サービスを通してご提供します。

http://store.united-arrows.co.jp/shop/ua/

Navy Blue #UnitedArrows #looks #2017ss #navyblue #peakedlapel

UNITED ARROWSさん(@unitedarrows_official)がシェアした投稿 –


メインとなるオリジナルアイテム。流行に左右されない普遍的なアイテムを多く取り揃えています。

カジュアルアイテムからスーツまで展開しており、価格に対してのクオリティーも高いのはもちろん、セレクトアイテムも一流ブランドを取り揃えています。

「UAのオリジナルは良い」と評判で、ファッションビギナーから玄人まで多くの方に支持されており、年齢層も20代前半から50代までかなり幅広いのが特徴です。

 

  • BEAUTY & YOUTH(ビューティーアンドユース)

精神的な美と永続的な若さをコンセプトに展開するセレクトショップ.

‘精神的な美”永続的な若さ’。永続的であるこの2つの精神をもち、いつまでも柔軟性を失わない感受性や精神性の輝きをテーマにBEAUTY&YOUTHの価値観を表現していきます。メンズ、ウィメンズ共にカジュアル からフォーマルまで幅広いアイテムを国内外から取り揃えております。

http://store.united-arrows.co.jp/shop/by/

ブランドラインの中ではダントツの知名度を誇るビューティアンドユース。

本家のユナイテッドアローズに対して、よりカジュアルなセカンドラインという位置付けですね。

特徴としては、時代の流れをしっかりと掴んだセンスの良いデザインの高い服を、比較的良心的な価格帯で提供しているということ。

カジュアル要素がとても強いラインですので、ターゲットも20代前半から30代と若め。大学生も多く着用していることから”ユナイテッドアローズ入門”には最適なラインでしょう。

無論、力が抜けた遊び心のあるデザインが多いため、どの年齢層にもハマりやすいラインですね。

 

  • green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)

BeHappy ~ココロにいいオシャレな毎日~ さまざまなライフスタイルにピッタリとフィットする、ほどよいトレンド感をそなえたショップ。

Be happy ~ココロにいいオシャレな毎日~
訪れるたびに新しい発見があって心が豊かになる「モノ」「コト」、を提案する服と雑貨のブランド。
自分らしいスタイルにほどよいトレンド感がいろどりを添え心地よい毎日を過ごしてもらいたい。
さまざまなライフスタイルにピッタリとフィットした自分らしい何かがみつかる「Be happy」をコンセプトにしたショップです。

http://store.united-arrows.co.jp/shop/glr/

グリーンレーベルリラクシングはもともと、結婚後に服飾関連に出費するのが厳しくなった35歳以上をターゲットに創設された、いわば”低価格ライン”です。

ユナイテッドアローズの成功を確実なものにしたラインであり、実際はターゲットとは異なる20代中盤から30代後半まで幅広い顧客を抱えています。

対ファストファッション的な位置づけで価格は抑えつつも、ユナイテッドアローズが長年培ったデザイン力のエッセンスが加えられたりと、”大人が低価格で無難なオシャレをする”という面では日本屈指のレーベルですね。

 

  • District(ディストリクト)

クリエイティヴィティ&クラフトマンシップ。

ファッションの本質を支えるのは’創造性’と完成度の高いものづくりを目指す’職人精神’。
クリエイティヴィティとクラフトマンシップがテーマのDistrict UNITED ARROWSは
‘ファッションの本質的な価値と魅力’を伝え続けます。

http://www.district.jp/

Official Tumblr District Style #undercover #districtunitedarrows #grenfell #johnlobb #converse

District UNITED ARROWSさん(@districtunitedarrows)がシェアした投稿 –

ディストリクトは原宿のキャットストレートにあるコンセプトショップが運営しているオリジナルレーベルです。

商品構成としてはディストリクトのオリジナル+セレクトアイテムとなりますが、ディストリクトのオリジナルはいわば”挑戦的”であったり”実験的”なのが特徴です。

奇抜なアイテムやカラーリングをスタイルに違和感なく落とし込むことであったり、これからのUAがスタンダードにしたいアイテムなど、ありそうでなかったファッションを提供しているように思えます。

Official Tumblr District Style #jidot #tenugui #scye #wakouwa #districtunitedarrows #ishizakistyle

District UNITED ARROWSさん(@districtunitedarrows)がシェアした投稿 –

ファッション玄人でも唸る一歩先のデザイン性。それを良質なコストパフォーマンスでオリジナルとして体現できるのがディストリクトの凄い点です。

ドレスとカジュアルの垣根を超えた独自のスタイル提案で、今後も多くのファッショニスタを虜にするレーベルの一つであること間違いないでしょう。

 

  • UNITED ARROWS & SONS(ユナイテッドアローズ&サンズ)

UNITED ARROWS & SONSは 、ストリートから生まれるカルチャーを、時代を超えて受け継がれるにふさわしいクオリティとともに提案するコンセプトストアです。

UNITED ARROWS & SONS is the concept store which offer street-influenced culture with quality that pass down through the generations.

http://store.united-arrows.co.jp/shop/uasons/

ユナイテッドアローズ&サンズは原宿本店内に構えるオリジナルレーベルです。

コンセプトの根幹にあるのはズバリ ”ストリート”。ストリートの本場、原宿の土地に感化された、ストリートの新しい形を打ち出しています。

 

そしてその先頭に立つのは、ディレクターを務める小木“Poggy(ポギー)”基史氏。

ストリート×ドレスをミックスさせた、いわゆる”サルトリアストリートスタイル”を日本に浸透させた屈指のファッショニスタです。

#Repost @gqstyle ・・・ United Arrows has conquered Japanese retail, and now they’re looking west. Read all about it at link in bio. ( @adambirkan)

Motofumi “Poggy” Kogiさん(@poggytheman)がシェアした投稿 –

このPoggy氏は、多くの著名人とのコラボレートアイテムをリリースしたり、自身の愛称を取り入れたブランド”POGGYTHEMAN”のリリースなど、国内外問わず様々なシーンで活躍しています。

そんなPoggy氏がディレクションを担当しているユナイテッドアローズ&サンズなので、話題にならないはずはありません。

店内は洗練された空間でありながら、ストリートのアイテムを多く取り揃えており、近年ファッションシーンを席巻しているラグジュアリーストリートとはまた違った独特のセレクトをしています。

サンズはこの独特かつ挑戦的なショップ構成で、日本のファッションシーンで今まで決して交わることがなかったストリートとドレスの橋掛け的存在なのです。

このように、いろんな目線でクラシックを楽しむことができるのはサンズの最大の特徴ですね。

 

 

 

ユナイテッドアローズの旗艦店「六本木ヒルズ店」が凄い


 

ユナイテッドアローズには原宿本店の他に、もう1店舗旗艦店があります。

それが、2016年9月にリニューアルオープンした「六本木ヒルズ店」です。

引用

六本木ヒルズ店はユナイテッドアローズ史上最大級の敷地面積を誇ります。

ただそれだけではなく、セレクトショップ店員目線から見ても物凄い店舗だと思います。

個人的には、ショップ単体でみたら間違いなく”日本最高のショップ”だと思います。

 

セレクトアイテムは特にドレスが強く、チェザレアットリーニのスーツやジョンロブのドレスシューズなど、普通のセレクトショップでは買い付けが困難な毛並みが違うブランドを取り揃えています。

 

もちろん、カジュアルアイテムもUAらしいハイセンス。僕も足を運んだ際はカジュアルアイテムで唸らされたなぁと。

 

また、アイテムごとのゾーニングがかなりきっちりしており、メガネ、傘、靴下など細かく区分されています。

引用

 

ゾーニングもさることながら、みていてワクワクするビジュアルもショップを訪れた際の楽しみの一つ。

また、お直しのクイックサービスや和服のショップインショップもあるそう。

 

商品構成、店内ビジュアルなど、ここまで細かくこだわっているお店はないのでは?と思います。

そして、店舗スタッフも六本木ヒルズ店オープンの際に一新しており、全国各地から集まった屈指のエリート販売員で構成されています。

まさしく名実ともにユナイテッドアローズの新旗艦店ですね。

 

ECが主流になりつつあるファッションシーンにおいて、わざわざ店舗に足を運んで買うことの意味を理解することが出来るのは間違いないでしょう。

 

 

まとめ:日本のファッションシーンはユナイテッドアローズを中心に回っている


 

いろいろと紹介を割愛した部分もありましたが、こうやって深堀してみるとユナイテッドアローズは全年齢対応型セレクトショップだなと改めて感じることができました。

ここまでレーベルを細かく区切り、地域や店舗ごとにコンセプトや商品構成を変えているのは見事としか言いようがありません。

 

また、常に新しいことをしようとするチャレンジングな姿勢も魅了の一つ。

それがディストリクトやサンズのようなコンセプトショップであったり、六本木ヒルズ店のような圧倒的ラグジュアリーなど、常にホットな話題を発信していくことで、日本のファッションシーンを常に引っ張っているように思えます。

 

そして、接客やサービスなども業界屈指。店舗に足を運んで買うことの意味を再確認させてくれるのもユナイテッドアローズがナンバーワンたる所以でしょう。

これからもシーンを引っ張る騎手として、ファッションシーンを面白くしてくれるのは間違いないでしょう。

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…
  2. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿
  3. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. トレンド

    【トレンド追求】2017年メンズファッションのトレンドとは?
  2. セール特集

    【2017冬セール開幕】セール期間に急にオシャレなお客さんが増えるのは何故か?
  3. ブログ関連

    僕がブログを始めた理由とそのメリット⑵
  4. バッグ

    アークテリクスのグランビルがもはや身体の一部になってる件について
  5. トレンド

    2017年の秋冬はカラーで遊びたい!キーカラーはズバリ…
PAGE TOP