ファッション哲学

僕が言いたいことを全て代弁してくれた一つのツイート


 

こんにちは。

今回はツイッターで見かけたある一つのツイートをご紹介します。

 

 

僕が言いたいのはこういうこと!!!

っていう感じです。笑

 

引用ではあるのですが、ファッションの存在意義とは人に見られることが前提です。

 

参加する場に適した洋服を手に入れなければならない…となれば

 

→結婚式があるからTPOをわきまえた服装を揃える

→デートに備えて良い印象を与える勝負服で望む

→ハロウィーンパーティでの服装を買いに行く

 

など、コト体験が前提にくる上でファッションの存在意義というのは初めて機能します。

そして、コト体験にはがあり、そこには必ずがいるものです。

オンラインでもオフラインでもその先にいるのは結局なんです。

 

極論を言うとファッションは人と繋がるためのツールでしかありません。

しかし、外見のフィルターを通してからでないと人間の内面というのは見ることが出来ません。

いくら内面が優れているという評判があっても、放浪者のような見た目だったら初対面での説得力は皆無でしょう。

 

ただ勘違いしてほしくのは、来るべきに備えて沢山洋服を所有しろ!なんてことではありません。

今では洋服もレンタルできる時代。メンズもレディースもネットで洋服を借りたいときに借りれる時代です。

オンラインとオフラインが繋がることが当たり前になったことで、別に洋服を所有しなくても「着たいときに着るべき服をシェアする」なんてことも可能な時代なのです。

 

僕はファッションが大好きな人間ですが、意味のないものを所有するのが大嫌いな人間です。

一年間着ていない服は絶対に手放しますし、いざ購入することになっても「何と合わせるのか」「汎用性は高いのか」「最低3年はクローゼットにあるのか」などを判断した上で購入しています。

 

大事なのは正しいときに正しい服をチョイスできる知識とセンスなのです。

この知識とセンスは独学で磨くことが出来ますし、磨くだけならそんなにお金も掛かりません。

ましてや、この時代はSNSなどで隙間時間にセンスを磨ける時代。とにかく、ファッショニスタのインスタをフォローして真似すればオーケーなんですよ。

 

  • とある場に行くからそれに適したファッションをチョイスする
  • とある場に行きたいという行動欲求の果てにファッションが必要だ!と思う

 

目的は前後して構いません。

オシャレしてルンルンで街を歩くあの感覚がファッションの醍醐味で、モチベーションや行動力を高める一つの手法なのです。

 

以上、ファッションでモチベーションを上げられる男のつぶやきでした。

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!
  2. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿
  3. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…

関連記事

  1. ファッション哲学

    ラグジュアリーストリート界隈は水ものだって話

    この2ヶ月、よく同僚と、「ラグジュアリーストリート…

  2. ファッション哲学

    リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿

    ナスです。今日は、リアル店舗の未来はどこに…

  3. ファッション哲学

    ファッションが人生を明るくする

    こんにちは。今回は雑記になりますが、僕のフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. 未分類

    初心者向けファッション講座 (2)色味は5色までまとめよう
  2. アイテム

    【ファッションの基礎】白Tシャツオススメ5選
  3. ナスのファッション指南

    ファッションに不可欠なのは「程よいゆとり」 ピタピタ教になるな!
  4. 雑記

    文字に書き起こして伝えていくということ
  5. ファッション哲学

    ファッションが人生を明るくする
PAGE TOP