ナスのファッション指南

何故、あの人はオシャレに見えるのか?答えはアイロンにあった





 

オシャレと評判の人たちは皆、Tシャツにすらアイロンをかける


 

洋服に対するこだわりは人それぞれ。

はたまた、どんな洋服が好みか?なんて問いに対する答えなんて十人十色です。

 

しかし、そんな多種多様なファッション感度を持つファッショニスタたちの唯一の共通点…

それは、シワを異常に嫌うということです。

 

ファッション業界で働いている僕からすると、業界の中でもオシャレだと言われる人たちは皆、着こなしに清潔感があります。

また、この時期は特に、Tシャツの上からジャケットやブルゾンなど、着こなしがシンプルになりがちです。

そんな中でも「インナーのTシャツにシワがあるかないか」で印象は180度変わってきます。

 

ポイントは

オシャレかオシャレじゃないか  →  清潔感があるか野暮ったいか

です。

 

シワは野暮の象徴なのです。

 

 

 

そもそも洋服は新品の状態が一番かっこいい


 

洋服はシワが一切ない新品の状態が一番かっこいいのです。

どんなにかっこよくてお気に入りのTシャツも、一回着て洗濯して干した後の状態は全体にシワが入り、新品の時の状態とは全く別物になっているでしょう。

 

そんな時こそ、アイロンなのです。

シワをリセットすることで、干した後の魅力が半減したお気に入りの服を、より新品に近い状態に戻してくれます。

 

 

 

安かろうが高かろうが洋服のポテンシャルを100パーセントに近づけるのが最重要


 

洋服のプライスに関係なく、洋服のポテンシャルをいかに新品時の100パーセントに近づけるかが重要だと思います。

 

2枚で1,500円のヘインズのパックTシャツですら、新品の状態の時は、そこらのセレクトショップに置いてある1枚5,000円のTシャツと大差ないクオリティです。

 

 

個人的には、無地のベーシックな白Tシャツはヘインズだけあれば良いんじゃないかなんて思ってるくらいです。

上手くコーディネートに組み込めば、そこらの5,000円くらいのTシャツだと思われてもおかしくありません。

 

ただ、一回洗って干した時の状態は完全に「2枚で1,500円だ」と言われてもおかしくない状態なのです。

そんな状態を作り出す最大の原因は100パーセント、シワです。

 

シワさえなくなれば常に新品のTシャツだと思われてもおかしくないですし、「2枚で1,500円感」を出さないためにもアイロンでシワをなくすのが必要なのです。

 

 

 

結局、清潔感がない人はいつまでたってもオシャレになれない


 

良いアイテムを着ているけど、シワシワの状態で着ている人なんてのはいつまでたってもオシャレになれません。

 

ファッション業界に足を踏み入れて2年になりますが、オシャレな人ほど「一点一点のアイテムの魅力をどう引き出すか」に注力しているのだと最近改めて感じました。

これはカジュアル、ドレス問わず、「シャツにアイロンをかけているか」であったり「靴をちゃんと磨いているか」に該当すると思います。

 

そこのケアができるかできないかで、相手に与える印象も変わってきますし、最終的にはファッションを楽しめるか楽しめないかにも直結します。

体感的に、服が綺麗な人ほどファッション自体も楽しんでいる傾向にあります。

常に今出せる100パーセントに近いコンディションで存分に着こなすからこそ、ファッションに対するモチベーションも低下しにくいのでしょう。

 

そして、最後にもう一度言います。

ファッションを楽しむためにはアイロンは絶対に必要です。

 

 

 

たかが数千円の投資で、印象を劇的に良くしますよ。

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿
  2. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…
  3. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. ロサンゼルス

    今が旬のロサンゼルス発のオススメブランド(ストリート編)
  2. ナスのファッション指南

    ナスのコーディネートにみる「引き締め要素」の重要性
  3. ファッショニスタ特集

    中田英寿氏に見るオシャレの本質とは?
  4. アイテム

    アディダスのスニーカーだったらGAZELLE(ガゼル)が最高じゃないか?
  5. ブログ関連

    【誕生日でした】23歳で得られたこと & 24歳でやるべきこと
PAGE TOP