トレンド

2017年の秋冬はカラーで遊びたい!キーカラーはズバリ…


 

2017年を境に、ファッションの大枠のトレンドの転換期に突入し、装飾性が重視される時代に突入しました。

装飾性の代名詞、ビッグシルエットは2年ほど前から浸透してきましたが、2017年以降は更にアクセサリーの要素がプラスされたり、また更に加速するのは『カラー』の要素です。

 

※色々書きますが、読むのがめんどくさい方は飛ばして、まとめを読んでください。ある程度の結論は書いてあります。

 

スポンサーリンク



 

今回のテーマである『カラーで遊ぶ』とは?


という訳で各ブランドがどのくらいカラーに力を入れてるかザックリ見てみましょう。

 

まずはストリートから。

2017AW : Palm Angels(パームエンジェルス)

引用

 

2018SS : Palm Angels(パームエンジェルス)

引用

全身ビビッドなルックも多いのですが、一般的に好まれるのはこの辺りでしょう。

今まで差し色程度で使う機会が多かったビビッドカラーを、パンツやトップスなど比較的面積が広い箇所に取り入れています。

 

 

また、パームエンジェルスは今、期間限定オープン中の南青山でのポップアップで”バカ売れ”しているそう。感度が高い方は早くから目をつけていますね。

👉「パーム・エンジェルス」が南青山に限定出店、最新コレクションを世界先行発売

 

 

そして、お次はメゾン系ブランド。

2017AW : VALENTINO(ヴァレンティノ)

引用

今年の夏に流行した、サーモンピンクを更に濃くしたピンクを多く使用。

 

2018SS : VALENTINO(ヴァレンティノ)

引用

グリーンのグラデーションが印象的なジャージのセットアップ。スポーティなルックにコートなどのスタイルも去年から流行っていますが、今年以降は更にカラーでの遊びが加わった印象です。

ヴァレンティノのコレクションは他に、鮮やかなブルーやワインレッドなど非常に鮮やかなラインナップですね。

 

2017AW : BALENCIAGA(バレンシアガ)

引用

今、ノリに乗っているバレンシアガは流行を全て注ぎ込んだようなルックが特徴的。

とにかくビビッドな赤のパーカーのインナーとしてシャツブルゾンを着るなど、スタイルもカラーも挑戦的です。

青のカットソーの下に、同じくシャツブルゾンを着るルックもあるなど、今の勢いをそのまま反映させています。

 

2018SS : BALENCIAGA(バレンシアガ)

引用

イエローグラデーション。ビビッドなパンツの活かし方としては良いお手本でしょう。

 

引用

赤、青、黄を使ったルック。今までにない色合わせは『斬新』の一言に尽きます。

 

この他にも2018SSのバレンシアガのルックはとにかく鮮やか。

時代の寵児として今のファッション業界を最前線で引っ張るブランドだからこそ、カラーを前面に押し出したルックが多いというのは『カラー全盛期の到来』を予感させます。

 

 

 

『ファッションはアート』という思想が完全に定着している


 

まずは近年の流行の振り返りから。

 

前にも書いたように、カジュアルにおいてはノームコアの時代が完全に終焉を迎えました。

というよりも、『ノームコアは飽きられた』という表現が正しいでしょう。

 

ということは消費者のニーズは、『究極の普通』であるノームコアから完全に逆方向へ進むことになります。

単純なロジックとして、普通に飽きたたら普通じゃない方向に進むしかないのです。

 

そこでまず変化を見せたのがシルエットの変化。

2015年頃から全体的なシルエットが大きくなり始め、今では完全にビッグシルエットは定着しました。

 

パンツは細めから、ちょい細めへ。

トップスの着丈は長くなり、肩もワザと落としたシルエットなんかも増えています。

 

このように2年かけて定着したシルエットの変化に消費者がしっかり付いていったことで、『ファッションで更に遊ぶ為にはどうしたらいいか』を考えるようになります。

 

その結果が『カラーで遊ぶ』なんです。

ファッションが持つ大枠の要素である『シルエット』『カラー』「ファブリック』でしっかり遊ぶことで、改めてファッションはアートという思想が広まっています。

 

現代の若者の間で、IKEAのバッグをリメイクするのが流行っているのも、その風習をもろに受けているでしょう。

 

このように、ファッションは自分を表現するためのツールなんです。

イケアのバッグで、とやかくいう人もいるでしょうが、僕自身は『普通を好まない風習』というのは大歓迎でむしろ嬉しく思ってます。

 

『みんな同じが良い』なんて、今の時代に全くもってマッチしていないと思いますし、既に『集団より個人の時代』に突入して数年経っています。

時代背景から考察すると、みんなと同じような服装をするのは全くもってナンセンスじゃないですか。

 

 

 

そんな中で僕が取り入れたいカラー…


 

強いて言うなら『イエロー』です。

Before the Salvatore Ferragamo show #mmfw. Photo by Acielle @styledumonde

New York Times Fashionさん(@nytimesfashion)がシェアした投稿 –

理想的すぎる…

 

 

イエローは難しいと思われがちなんですが、実はベージュと同じ要領で使えます。

普段からベージュを着ている方なんかはすぐに取り入れることが出来ますね。

 

 

 

まとめ


いかがでしたか?

カラーで遊ぶのは最初は抵抗があるでしょう。

しかし、カラーで遊べるようになると、ファッションが楽しくなるのは本当の事実。

 

普段ベーシックカラーで、ある程度自分のスタイルを確立することができるようになった方は、一歩先の色で遊ぶことにチャレンジしてみましょう。

 

その上で、どうしてもチャレンジする気がしない方は入門編として、『ワインレッド』をチョイスしてみてください。

Marni @marni SS18 runway show at #mfw #mmfw 📸by @leeoliveira for The New York Times

New York Times Fashionさん(@nytimesfashion)がシェアした投稿 –

 

実は、2017年秋冬でもっともプッシュされているのがワインレッド。

今期、業界全体で推しているナンバーワントレンドカラーなんです。

 

多くのブランドが必ずと言って良いほどリリースしており、今期の流通量が増えるのは必然。

 

ビビットな赤よりも断然取り入れやすく、使うだけで大人の色気も醸し出せるいわば『魔法の色』として名高いワインレッド。

入門編かつ、他人の違いが簡単に出せる今期一押しのカラーなんで、是非ワードローブに取り入れて見ては?

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…
  2. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!
  3. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿

関連記事

  1. トレンド

    【トレンド追求】2017年メンズファッションのトレンドとは?

    こんにちは。今回はズバリ、”トレンド把握”について。&…

  2. トレンド

    最近のトレンドでもある『ビッグシルエット』の取り入れ方について

    ナスです。今回のテーマはズバリ『ビッグシル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. ファッション哲学

    マイスタイルを確立することでファッションは無限に楽しめる
  2. ファッション哲学

    ラグジュアリーストリート界隈は水ものだって話
  3. 未分類

    初心者向けファッション講座 ⑶奇抜なデザインはいらない 無地で十分
  4. セール特集

    【2017春夏の買い物終了宣言】セールでナスが買った物まとめ①
  5. ファッショニスタ特集

    TKO木下隆行氏のファッションに見る「体型隠し」の極意とは?
PAGE TOP