アイテム

【価格は正直】定番スニーカーこそワンランク上のハイエンドモデルを履こう


 

ナスです。

前回の記事 【オシャレは足元から】靴に投資した方が良い3つの理由は読んで頂けたでしょうか?

 

今回はそれに付随する内容です。ザックリ書くと『定番スニーカーこそワンランク上のモデルを基準で考えよう!』って内容です。

 

スポンサーリンク




 

 

僕がVANSのOLD SKOOL “PRO”を買った理由


 

最近、数年ぶりにバンズのオールドスクールを買いました。

しかも今回は普通のオールドスクールのワンランク上のモデル、オールドスクールプロです。

 

ちなみにこれが一般的なオールドスクール。

7,020円(税込)と安定の安さです。

スニーカー史に残る名スニーカーなのでこの靴の魅力を力説するまでもないでしょう。

 

一方のオールドスクールプロはこちら。

11,880円(税込)と、一般的なオールドスクールに比べて5,000円近く高くなっています。

しかもリンク貼ったのは良いけど極度の品薄状態…

 

この見た目はほとんど変わらない二つのモデル。どこが違うのかは以下の通りになります。

クッション性に優れた”ULTRACUSH HD”のカップインソールや、トゥエリアの耐久性を高める”DURACAP”の二重補強等、クラシカルな見た目とは裏腹にプロスケートカテゴリならではの最新技術を駆使しています。

カップインソールがまず違いますね。

インソールって良いものでも結構2000円以上しますし、履き心地にインソールって大事なんですよね。でもこのインソールはスケーターに特化して作られています。

DURACAPもスケーターの為ですね。

普通のものはつま先部分は2重になっていませんがPROモデルでは2重で補強されています。

引用

 

本当に小さな違いかもしれませんが、大まかには二つ。

履き心地と耐久性です。

 

特に、履き心地が大きく違うのは完全にワンランク上のモデルを買うことの利点です。

普通のオールドスクールはインソールの薄さが故、本当に足が痛くなるんですよね。

わざわざ、地厚なスニーカー用のソックスを買い足すなど、割と手間もお金もかかってしまいました…

 

その点、プロの履き心地は本当に最高。

クッション性のあるカップインソールなんで、長時間歩いても全くもって疲れ知らず。

これだけでワンランク上のモデルを買う意味がありますよね。

 

見た目は全くと言っていいほど同じなので、完全に実用性において差が出てきますね。

 

 

 

VANSだけじゃない!CONVERSEのALL STARも差は顕著


 

バンズだけでは無く、コンバースのオールスターも本当にその差は顕著に出ます。

 

ちなみにこちらが一般的なオールスター。

5,000円以下と安定の低価格です。とりあえずの一足として誰もが履いたことがある名作でしょう。

 

一方のハイエンドモデル。こちらはオールスターのMADE IN JAPANモデル。

価格は一般的なオールスターの2倍以上。

見た目はほとんど変わらないのですが、履いてみればその違いは一目瞭然です。

 

カップインソール内蔵による履き心地の違いを筆頭に、メイドインジャパンのロゴ入りのヒールパッチや、アッパー自体の素材の違いなど…

詳しくはこちらのサイトにまとめてありますのでご覧ください。

👉ひと味違う<Made in Japan>コンバースで、足元にもこだわりを。

 

また、個人的に通常のオールスターとジャパンモデルの差は、グリップ力にあると思います。

というのも僕は以前、普通のオールスターを履き、雨が降って濡れた階段でズッコケたことがあります。

 

本当にびっくりしました。5メートル弱の階段でしたが、2秒後には一番下にいましたもん…

全身擦り傷だらけにもなりましたし、それ以来、トラウマで普通のオールスターを履けなくなりました。

 

このエピソード以外にも、地面が濡れている時のグリップ力が危ういな〜と思ったことは多々あります。

安いが故にガンガン履いて履き潰せるのが魅力でもありますが、使いどころをミスると生死に繋がるような事故を起こす可能性も大いにあります。

 

なんで僕は、オールスターは絶対にJAPANからというマイルールがあります。

履き心地やデザインもそうなんですが、やっぱりグリップ力が違いますもん。

 

 

 

スーパースターやスタンスミスはワンランク上が基準


 

こちらはABC-MARTなどにおいてあるスタンスミス。

価格は9,000円台。

 

一方のこちら。ソールがアイボリーになったり、アッパーにスムースレザーを使用しています。

価格はこちらが5,000円ほど上。

実はこちらのスタンスミスはこちらの高いモデルが本家。1971年に登場したモデルの復刻なのです。

 

スーパースターも然り。価格が高いこちらが本家になります。『80’s』が付き、当時のモデルを忠実に再現しています。

ソールがアイボリーで、アッパーが本革。

 

実は、ABC-MARTなどにおいてあるソールが真っ白で価格が安いモデルは廉価版という見解でオーケー。

名称は同じくスタンスミス、スーパースターなんですが、その違いは明らか。

1980年代当時に発売されていたモデルからインスピレーションを得て作り上げたモデルで、アッパーにヴィンテージ調のレザーを採用。スリーストライプス (3本線) はフェルト製となっています。

その一方、ABCマートで発売され続けてきた写真のモデルは、アッパーは滑らかなレザーで、タンは厚め、内装にメッシュなどのソフトな素材を起用。スリーストライプスはシンセティックレザー製です。さらなる外観的な違いはシェルトゥにあります。80sのほうは無機質な凹凸感があるのに対し、ABCマートのモデルは細かい×印が並んでいます。

引用

履き込んでも味も出ませんし、履いていてテンションも上がりません。

永遠の定番モデルなので、これに関しては必ず廉価版を避け、オリジナルモデルを履きましょう。

 

 

 

まとめ


 

いかがでしたか?

永遠の定番モデルでも価格をあげるだけで、その性能や見た目が大いに変わってくるのです。

 

近年のスニーカーブームで定番物が再びフォーカスされていましたが、このハイエンドモデルの存在を知っているだけでもコーディネートに差が出てきます。

この手の定番モデルほど、ファッション上級者は必ずと言っていいほど抑えているのですが、更なる上級者モデル(コンバースアディクト、三つ星チャックテイラー、バンズOG)などにも目を向けて見ると、更にファッションが面白くなってくると思います。

 

また、モデルの格をあげると、『定番物でも人と被りにくくなる』という利点もあります(見た目や性能も大いに変わってくるのですが…)

重要なのは、定番物ほど目線を上げてチョイスする癖を身につけることなんです。

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!
  2. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿
  3. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…

関連記事

  1. アイテム

    【オシャレは足元から】靴に投資した方が良い3つの理由

    ナスです。今回の内容はザックリ言うと『四の…

  2. アイテム

    【ファッションの基礎】白Tシャツオススメ5選

    現役セレクトショップ店員のナスです。今回は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. 古着

    【古着のすゝめ】古着の奥深さとは?
  2. トレンド

    最近のトレンドでもある『ビッグシルエット』の取り入れ方について
  3. ナスのファッション指南

    難しそうで以外と簡単な『チェック柄の取り入れ方』を教えます
  4. セール特集

    【2017春夏の買い物終了宣言】セールでナスが買った物まとめ②
  5. ナスのファッション指南

    ブランド大好き人間のナスです。何故、僕はブランド大好き人間なのか?解説するよ。
PAGE TOP