ナスのファッション指南

夏も終わるので2017春夏に出来た最高のオシャレを振り返る


 

ナスです。

大好きな夏も終わりを迎えそうなので、自分の夏ファッションをしっかり振り返ってみようと思います。

 

今回はその中でも「これが最高!」だと思えるワンルックをピックアップしてみました。

 

スポンサーリンク




 

トレンドをしっかり抑えたオープンカラーシャツを『色で遊ぶ』


 

トップ画に表示させているルックが僕の今シーズンナンバーワンルックです。

背景が実家の和室&パンツにシワが入っているのがあれですが…

このルックこそ、僕が出来る精一杯のオシャレだと自信を持って言えます。

 

ちなみにオープンカラーシャツとパンツは今期のトゥモローランドのオリジナル。

インナーのカットソーは昨年のトゥモローランドのオリジナルです。

 

「同じブランドでコーディネートしたらそりゃ簡単じゃん!」

って思うかもしれませんが、今回これをチョイスした理由としては『色で遊ぶ』ことがしっかりと出来ていたということが第一にあります。

自分で言うのもなんですが、最高の色遊びが出来ました。

 

オープンカラーシャツの独特の配色を拾ったインナーのチョイス、パンツは白ベースをチョイスし季節感をプラス。

写真は室内なので靴は写ってませんが、この時に合わせたのはネイビーベースのアディダスのガゼルです。

👉アディダスのスニーカーだったらGAZELLE(ガゼル)が最高じゃないか?

 

独特な配色のオープンカラーシャツの配色を拾い、足元にも統一感を持たせる。色は5色までに抑える。

自分の中のパズルがしっかりとハマった感触がありましたね。

 

 

 

もう一つの収穫は『戦力外寸前のカットソーがマスターピースに躍り出たこと』


 

このコーディネートを組む上で、戦力外寸前で捨てようと思っていたカットソーが一番ハマるということがありました。

インナーのカットソーは昨シーズンのお気に入りで、今シーズンは趣味が変わり、着用する機会がないまま終えそうでした。

 

「着丈も短いし、着る機会もないし捨てようかな〜」なんて考えていたので、思わぬ収穫でした。

自分のスタイルが確立出来たと自信を持って言えるのが今シーズンなので、『昨シーズンの一軍が二軍になる』なんてことはよくあること。

 

しかし、その二軍行きした物が再び支配下登録され、一軍のスタメンになるなんてのはファッション好きとしてはこの上ない喜びでした。

『誰かが要らなくなった物が他の人の役に立つ』というのは、古着をはじめとする中古市場の専売特許のようなものですが、それが自身のワードローブ内で起こったのは本当に良いことです。

 

このことを踏まえ、自分のワードローブの中の二軍が一軍に踊り出るのは、自分の感性次第なんだと実感することが出来ました。

今は全く着ていないこのドリスヴァンノッテンのカットソーだってそう。

『ユニクロで白のジップアップパーカーを買ってコートのインナーに挟む』

というところまで読めました(笑)

 

大事なのは物を単体で見ないこと。単体で見てしまえば使いどころは限られてくるのですが、足し算、場合によっては引き算をすることで洋服はしっかりと生き返ります。

 

 

 

来年の夏はもっと洋服で遊びたい


 

少し気が早いですが…

来年の夏もしっかり洋服で遊びたいなぁと感じています。

 

というのも各ブランドのコレクションを見ていると、2018年春夏から今年以上に遊びを効かせた服が沢山出てきます。

『カラートレンド』『ビッグシルエット』『アクセサリー』などの時代に本格的に突入した2017年より、もっともっと派手になります。

👉2017年の秋冬はカラーで遊びたい!キーカラーはズバリ…

 

これは大手のメゾンブランドだけに限った話ではありません。

価格や地位は違えど、メゾンブランドの流れと、GUやH&Mなどのトレンドを先取りしたファストファッションブランドの流れは一緒なんです。

 

業界全体がそのような傾向に傾いている中で、時代を問わず愛されるような服装で満足していては、全くもって差別化を図ることが出来ません。

第一、『普通の服装がオシャレに見える人』というのは、普遍的なスタイルの中にしっかりと現代のスパイスを取り入れています。

サイズバランスを現代風に調節したり、流行のアイテムをコーディネートに組み込む…などです。

 

トレンドがゆるりと変化していく中では、無意識に消費者の目も肥えていきます。

僕自身も店頭で体感していることですが、お客さんの「大きめのトップスを探している」とか「ゆるめのワイドパンツを探している」などの要望を最近は多く聞くようになりました。

 

お客さんの潜在意識的なものもしっかりと変わってきているので、プロである僕が変わらない手はありません。

まずはファッションを生業にしている僕らから、「ファッションは楽しいぜ!」っていうことを全身全霊で体現していかなくてはなりません。

 

ってことで早速、2017秋冬からしっかりと取り入れていこうと思います。

 

しっかり差別化が図れるように。

また、差別化の先にあるものが『娯楽』であるということも忘れてはいけません。

『娯楽』は基本的に『楽しい』ことです。

 

ということで

『ファッションは遊びである』

ということを身を持って体感した2017春夏でした。

 

今後の人生もエネルギーが枯渇しないようにしっかりと遊びます。

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…
  2. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿
  3. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!

関連記事

  1. トレンド

    最近のトレンドでもある『ビッグシルエット』の取り入れ方について

    ナスです。今回のテーマはズバリ『ビッグシル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. 古着

    【古着のすゝめ】古着の奥深さとは?
  2. ファッショニスタ特集

    中田英寿氏に見るオシャレの本質とは?
  3. アイテム

    【オシャレは足元から】靴に投資した方が良い3つの理由
  4. 未分類

    初心者向けファッション講座 ⑴洋服は「サイズ感が命」
  5. ブログ関連

    僕がブログを始めた理由とそのメリット⑵
PAGE TOP