ナスのファッション指南

9月ですね…ナスの2017秋冬ファッション第一弾はこれ!


 

だいぶご無沙汰しちゃいましたね。

この季節の変わり目の期間って、洋服に関することのネタを見つけにくいものです…

 

ってことで秋冬開幕ですね。

店頭に立ってて商品がガラッと入れ替わって、すごくウキウキした毎日を過ごしています。

 

8月の終わり、セールの終盤ってすごく雑多な雰囲気だったんですよね…

毎日見て手にとってるって環境にいると鮮度ってのがすこぶる大事なんだなと実感しています。

 

スポンサーリンク




 

 

ナスのファーストルックは春夏のセールで購入したもの→『春夏〜秋冬のつなぎ』を意識


 

ってことで今回は私ナスの立ち上がりについて。

今回は上から下までワンルックのみ購入したのですが、写真をとっていないため、前回のセールで購入した春夏〜秋冬のアイテムでコーディネートを組んでみました。

前に2017春夏の買い物終了宣言】セールでナスが買った物まとめ①で特集した、サイベーシックスのバルマカーンコートを軸に組んでみました。

このコート本当に雰囲気出るし買ってよかった…

 

地厚なナイロン生地なんで、この時期にありがちな『素材は春夏、色は秋冬』みたいなやんわりとした条件も満たしています。

まだ暑いので袖をまくって、ボリューム感を軽減。なかなかツルッとした素材感のコートじゃまくるのは難しいんですけど、このくらいシワ感があるコートならがっつりまくってよし。

ショップコートみたいな感覚で着れます。

 

 

 

 

シワ感がある素材感には対照的なツヤ感がある素材のものを合わせる


 

主役のコートを際立たせるために、今回チョイスしたパンツはこれ。

エストネーションのオリジナルのトロピカルウール素材のイージーパンツです。

 

このパンツの魅力をざっくり言うと『ドレスっぽい素材感にカジュアルなシルエット』です。

いわゆるポリエステルとウールの混紡素材のサマーウールのため、ツヤ感がある綺麗な素材感。

 

その上でアンクル丈のテーパードシルエットと完全に野暮感とは皆無のフォルム。

破壊力はないですが、堅実な仕事をこなすパンツですね。

 

このパンツをチョイスした理由はたった一つ。

シワ感のあるトップス(カジュアル要素)ツヤ感のあるパンツ(ドレス要素)で合わせて、しっかりとバランスを整えるためです。

 

これで仮にカジュアルに全振りしているデニムパンツで合わせていていたらどうでしょう。

全体的に『野暮』な印象は拭えないと思います。

 

僕はこの『野暮』こそ、オシャレを邪魔する最大の壁と考えています。

ここをわかっているかいないかで今後のクローゼットの中身は変わってきます。

 

野暮の要素をツルッとした素材感でしっかりと緩和する。

パンツはトップスほど重きを置かない場所かと思いますが、コーディネートの印象を整えることに重点的に考えると、『オシャレな人ほどパンツからコーディネートを組み立てていく』という慣習がなんとなく理解出来てくると思います。

 

 

 

 

パンツだけではない!インナーのパーカーもツルッとした素材感にこだわる


 

今回はインナーに挟むパーカーもこだわりました。

引用

アーバンリサーチのポンチ素材の7分丈プルオーバーパーカーです。

こちらネットサーフィンの途中に見つけたお品。

発見した瞬間「絶対使える!」と確信し、購入を決意。しかも40%オフっていう(笑)

 

これってなかなか秀逸なパーカーなんですよね。

セレオリらしいルーズフィットなデザインに、ツルッとした素材感。

滅多にない7分丈ってのも良いんですが、5,000円以下っていうコストパフォーマンスも最高。

 

なかなか探してもないんですよね。

特に春夏〜秋冬のつなぎっていう難しい時期になるとこの手のものは結構重宝します。

インナーとしても使えて、一枚でもしっかりとコーディネートしやすい。

 

これは価格もそうなんですが、シルエットと素材感なんかは絶対にファストファッションでは出せないものなんです。

10月入るまでだったり、春先にもしっかりと活躍しそう。買ってよかったです。

http://zozo.jp/shop/urbanresearch/goods-sale/20042069/?did=38908276

 

 

 

 

ワンポイント遊びを加えるなら…


 

これは先輩の真似なんですが、アベイシングエイプのピンバッジを遊びで刺してみました(笑)

最近のマイブームです(笑)

 

カジュアルファッションではこういった『遊び心』も一つの醍醐味だと感じています。

というよりここ最近は『ファッションは遊びである』というのが一つのマイスローガンになっています。

 

遊び心があるからこそ、ずっとファッションを好きでいられるし、自分の気持ちも高ぶるものです。かつ、相手がみて「面白い!」と感じてくれたらWIN×WINじゃないですか。

こういった『近くで見ないとわからないような所に遊びを加えること』はびっくりするくらいハードルが低いんで、オススメです。

「相手にツッコまれたら勝ち!」くらいに思うとすごくハッピーになれますよ(笑)

 

 

 

 

この時期は無理せずに自分の手持ちアイテムで秋を堪能すること


 

大事なのは「秋冬だから急いで秋冬の服を買え!」ってことではないんです。

 

自分の手持ちアイテムから無理をせずに秋のコーディネートを模索すること。

ここが重要なんです。

 

例えば、気温が高い日なんてまだまだある9月なんかは、黒やネイビーなんかの暗めの夏物でコーディネートを組んでみる…とか。

 

ここ最近は夏が長くなってきているせいか『晩夏商材』に力を入れている会社がほとんどです。

また、その『晩夏商材』のほとんどが素材は春夏、色は秋冬なんです。

ちなみに、僕が前項で紹介したトロピカルウールのイージーパンツも晩夏商材です。

 

このような業界全体の打ち出しもあって夏物の需要はまだまだあります。

消費者が実需を重視する近年の傾向なんかも踏まえると、「気温が下がったら秋冬物を買ったらええやん」くらいで丁度良いと思います。

 

とにかく今の時期は気温には正直に。ただ、色だけは秋冬で。自分の手持ちで出来る限りの秋冬コーデを堪能しましょう。

 

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿
  2. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!
  3. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…

関連記事

  1. トレンド

    最近のトレンドでもある『ビッグシルエット』の取り入れ方について

    ナスです。今回のテーマはズバリ『ビッグシル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. ナスのファッション指南

    夏も終わるので2017春夏に出来た最高のオシャレを振り返る
  2. ファッション哲学

    ファッションが人生を明るくする
  3. セール特集

    現役セレクトショップ店員が見る2017年のセール進捗状況
  4. 雑記

    マイカラー診断をしてみたからファッションと結びつけて考察してみる
  5. ファッション哲学

    マイスタイルを確立することでファッションは無限に楽しめる
PAGE TOP