ファッション哲学

【何故装いに気を配るのか?】メラビアンの法則とファッションを結びつけて考察してみる


 

ナスです。

今回は『メラビアンの法則』とファッションを結びつけ、自分なりに考察してみました。

 

スポンサーリンク




 

そもそもメラビアンの法則とは?


 

メラビアンの法則とはいわゆる第一印象の構成要素のこと。

引用

 

パーセンテージの55%と、大多数を占めるのは、相手の目を通して得られる視覚情報。いわゆる外見です。

この視覚情報とは服装や表情、所作や姿勢、態度など様々な要素で構成されています。

 

そして二番目の38%を占めるのは聴覚情報。いわゆる、言語能力です。

これは言葉を発する際の声のトーン、大きさ、速さ、抑揚、言葉癖など。

 

そして最後の7%は話の内容です。いわゆる、何をどう話すかということ。

意外に、言葉を発する際は内容よりも、雰囲気やテクニックなどが自然と発揮されることの方が重要のようですね。

 

一般的にメラビアンの法則は、この三大構成比で形成されていると言われています。

 

 

 

大枠の構成比を占める『外見』を徹底的に磨くこと


 

何故、メラビアンの法則を取り上げたか?それは、人間は第一印象が全てと言っても過言ではないからなのです。

人間は脳の特性上、最初に感じた印象を固定化してしまうという脳の特性を持っています。

 

僕の経験上、この第一印象の論理はしっかりと当てはまっていると感じています。

可愛い子の周りには自然と可愛い子が集まり、独自のコミュニティを形成します。筋肉隆々の男性の周りには自然と筋肉隆々の人々が集まりますし。ヤンキーはヤンキーでつるんで、新宿のホームレスはみんな同じところで寝ています。

このように、人は外見に応じてコミュニティを形成すると言っても過言ではないのです。

 

メラビアンの法則で55%を占めるのは視覚情報(外見)です。

人は初対面の人を判断する際、3〜5秒見るだけでその人の第一印象を決定してしまうとも言われています。

第一印象のフィルターを通して、相手に対する潜在意識も形成されますし、チョイスする言葉や態度なども異なってきます。

 

『結局見た目より中身』

というのはラッパーのKOHHさんの歌詞にも出てきますが、相手の中身を見るのも、結局は外見のフィルターを通してからでないと見ることが出来ません。

 

インスタグラムやフェイスブックなどのソーシャルネットワークでプロップスを稼ぎたいと思う方なら尚更でしょう。画像に付随する文字も工夫を凝らすことは出来ますが、結局は写真のクオリティがモノをいうのです。SNSでは、写真が良いと思ったらいいね!しますし、オンラインでは写真が視覚情報の役割を果たします。オフラインでは実物こそが視覚情報そのものですが、オンラインでもオフラインでも『自分の外見を磨く』というのは共通認識として必須スキルなのです。

 

 

 

 

外見を磨くことで連鎖反応的に聴覚情報や話の内容も研ぎ澄まされていく


 

自分の中の最高のオシャレをした時の気分は格別のものがあると思います。

疲れも吹き飛ばすほどの高揚感であったり、「もっと俺を見てくれ!」と言わんばかりのナルシズムだったり(笑)

 

僕は、常に自分の最高の状態をキープしている自負がある時のことを『無双モード』と言っています。

そのような無双モードの時は自然と気持ちが明るくなります。気持ちが明るくなると、声のトーンや抑揚などが変化していきますし、頭の回転も早くなり、会話の中で相手が”良いヒント”を自然とパスしてくれたりもするものです。

ようは外見も体調も”ベストコンディションをどれだけ維持できるか”に重きをおくこと。

このように、自分で自分の外見に自信を持つことで得られることは『外見も内面も相手に良い印象を与えること』なのです。

 

ただ、間違ってもこれは『万人に気に入られたい』という承認欲求とは別物です。

自分が外見に対する最善を尽くしたところで、相手に気に入られるか気に入られないかは『相手の課題』であり、自分がどうのこうの言って解決できる問題ではありません。ましてや、『万人に気に入られたいし嫌われたくない』という生き方ほど無責任な生き方はないのではないでしょうか。

 

大切なことは『外見に最善を尽くすけど、愛するか愛さないかはあなたが決めてくれ』ということです。

結果的に自分のことが好きになってくれればそれで良いし、その母数が自然と増えていくことが重要だと思います。

 

外見に最善を尽くすこと(オシャレ)とは『自分の気分が上がること』『相手に印象を与えること』なのです。

 

 

 

 

目指すべきは『機嫌が良い人』


会社に属していようが、フリーランスで仕事をしていようが、目指すべきは『機嫌が良い人』なのです。

『機嫌が良い人』の周りには自然と良い空気感が生まれます。

売れているお店ほど、スタッフも楽しそうですし、そのようなグルーブ感はお客さんが一番察するものです。

 

機嫌が悪くギクシャクした関係性では本来コミットすべきことに100%の力を注ぎ込むことは出来ません。

 

また、機嫌を良くする方法は人によって異なりますが、一番重要なのはストレスを溜めないことではないでしょうか。

そして、人間が日々抱えるストレスは『対人関係の悩み』が根幹にあるのです。いやむしろそれしかない。

 

詳しくは嫌われる勇気をどうぞ。

 

見た目に気を配った結果、自分の気分が上がり、言動や行動が変わる。その結果、相手の自分に対する印象も良くなり、結果として信用を得る。そして、信用を積み重ねることで信用が信頼に変わる。

メラビアンの法則を理解し実行することで、信用のハードルはグッと低くなります。これが第一印象を形成するということに繋がりますし、それから聴覚情報や話の内容に直結するのです。

そして、三大要素が揃った結果が『信頼』なのです。

信頼を勝ち取るにはまず信用を得ることが必要ですし、信用を得るための小手先のテクニックよりもよっぽど大事なのは『機嫌の良さ』と『多少のクリエイティビティ』なのです。

 

引用

僕はまず自分が気持ちよく仕事できるように外見を磨きます。自分の外見に自信を持つことで、テンションだけは高く、生命力が感じられる人間でありたい。これが第一の壁です。

機嫌が良いと自然と聴覚情報は磨かれます。外見が気持ち良いと内面の態度としてしっかりとリンクします。これが第二の壁。

『多少のクリエイティビティ』は話の内容であるため、本を読んだり、実際に体感してインプットで取り入れる。そして、試行錯誤しながらアウトプットする。

 

僕が思うメラビアンの法則は『機嫌がよく、ノンストレスで生きる』ための法則である。このような定義です。

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!
  2. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿
  3. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…

関連記事

  1. ファッション哲学

    ファッションが人生を明るくする

    こんにちは。今回は雑記になりますが、僕のフ…

  2. ファッション哲学

    ラグジュアリーストリート界隈は水ものだって話

    この2ヶ月、よく同僚と、「ラグジュアリーストリート…

  3. ファッション哲学

    僕が言いたいことを全て代弁してくれた一つのツイート

    こんにちは。今回はツイッターで見かけたある…

  4. ファッション哲学

    リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿

    ナスです。今日は、リアル店舗の未来はどこに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. 雑記

    坊主にして1ヶ月半くらい経ったんだけど最高すぎるから感想をザックリ書きます
  2. ファッション哲学

    僕が言いたいことを全て代弁してくれた一つのツイート
  3. 雑記

    文字に書き起こして伝えていくということ
  4. 未分類

    初心者向けファッション講座 ⑶奇抜なデザインはいらない 無地で十分
  5. セレクトショップ特集

    セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…
PAGE TOP