雑記

坊主にして1ヶ月半くらい経ったんだけど最高すぎるから感想をザックリ書きます


 

ナスです。

1ヶ月半くらい前になるんですかね…

 

ぼちぼち長かった髪を3mmの坊主にしました☆

 

「ファッションブロガーなのにファッションもクソもねーじゃん!」

ってツッコミが飛んできそうだったので、こうやって記事にすると逆に高ぶってきます(笑)

 

まぁとりあえず、感想をザックリ言うと

「坊主最高!!髪の毛なんてやっぱいらねーんだわ!!」

 

って感じです(笑)

 

ってことで坊主にして色々と生活に変化があったのでつらつらと書いてきます。

 

スポンサーリンク




 

時間の短縮につながりノンストレスな生活


 

まずこれですね。

今までどれだけ髪の毛に時間と神経を使ってきたんだろう…と。

 

  • 朝、髪の毛をセットする時間⇨5分
  • 風呂、洗い流してシャンプー&リンス⇨7分
  • 風呂上がり、ドライヤー⇨2分
  • 落ちた髪の毛をコロコロ⇨1分

 

計15分の節約。

 

ザックリと算出しただけでもこのくらいは毎日節約できます。

月に換算すると7・5時間の節約。年間だと、3日と18時間は節約することができます。

 

時間軸で見ると人生を伸ばすことに繋がりますし、何より朝の時間を有効に使えることが大きい。

洋服は基本的にルーティンで回しているので、固定したパターンの組み合わせさえ決めておけば選択するストレスなんかは感じないのですが(むしろ選んでいる時間が好きだったりする)

髪の毛ってその日のコンディションによってはいつも通りにセットできないことがあるんですよね…

 

それでセットがしっくりこないことも多く、日中髪がたらーんと落ちてきたりする。

今は坊主にして本当にそんなことは無くなりましたし、何より髪の毛のことを考えなくなっただけで疲れが減った気がします。いや、間違いなく減ってる。

生活の質は俄然向上しましたね。

 

 

 

 

話のネタになるし、長い間突っ込まれる


 

接客業という職業柄、この頭がワリと武器になったりもするんです。

フロアではいつも帽子を被ってるんですが、久しぶりにお会いしたお客さんには「なんで帽子被ってんの?」なんてツッコミがあるわけです。

 

「まぁこういうことですね〜」って感じで取ると、大体爆笑される(笑)

そして、話のネタとして2、3回お会いしても髪の毛をいじられるんです。

 

正直あんまり狙ってなかったんですが、ここまで効果があるとは思いませんでした。初対面の方にも去り際に帽子を取ると「あ、坊主なんだ 笑」ってなるし、坊主は狙ってなくても差別化が図れます。

ここ最近は特に、ストリートファッションの界隈ではオシャレとして認知されていますが、意外と身の回りにやっている人は少ないはず。

実践してみると、周りの人が自然と笑顔になってたりするもんですよ。そして、結果的に僕も笑顔になる。

楽しいですよ。坊主は。

 

 

 

 

被り物が楽しくなる⇨ファッション感度が上がる


 

坊主にして、被り物をする頻度が増えたことで、ファッションを更に楽しめるようになったと思います。

ドレス要素を加えて『被るだけでオシャレになる』マストアイテムのハット。ちなみにLock & Co.という超老舗ブランド。

 

サイドから髪が出てこないんで、すっぽりと収まります。

 

また、ニットキャップも然り。

髪がないと、帽子の収まりが本当によくなるんですね。

 

ただ、地肌が直接帽子に触れ合うのと、蒸れてくるので、帽子に匂いが付きやすくなります。

そんな時は消臭スプレーの出番。

 

ヌーラは帽子にも衣類にも使えるのでマストアイテムですね。ファブリーズの無香のタイプもオススメ。

 

 

 

 

 

色々書いたけど、坊主にしたことで『中身で勝負したい』と思うようになった


坊主にした理由。

結局『外見だけ見繕って、中身が無い人間になりたくなかったから』というのが大きな理由だったのかもしれません。

 

理由はいたって俯瞰的ではあるんですが、外見を形成する要素の一つである髪を手放したことで、自分にプレッシャーをかけるというか。

「坊主が似合う頭だね!」なんてことは言われるのですが、正直、髪を生やしていた頃の自分より外見に物足りなさは感じています。

無理も無い。だって、髪は服のようなもの。今は完全に裸同様の状態なのです。

 

しかし、ベクトルだけはしっかりと別の方向に向かってます。

 

「髪が無い!だったら顔をもっとイケメンにしよう!」とか

「引き締まったシャープでキレのある肉体をキープしよう!筋トレや!」とか

「もう少しインパクトのあるオシャレを模索しよう!」とか。

 

とにかく、坊主にしたことで、『より良いライフスタイルを構築するためのベクトルが定まった』のです。

そして、ベクトルを定めたことにより、それが必然的に行動に直結します。完全に極論ですが、坊主にして隙間時間が少し増えたことで、その隙間時間をアウトプットの時間に当てることが出来ます。隙間時間にアウトプットしたことは、コツコツと自分の潜在意識に中に刷り込まれていきますし、結果的にはその人の『人間性』に直結するのです。

 

 

 

 

坊主はハンデキャップでは無い。その人の『内面』をしっかりと映し出す最高のヘアースタイル


 

結局のところ、僕はファッションブロガーを名乗ってますが、『見た目より中身がとにかく重要』だということは全くブレません。

 

インスタに映えるどうかももちろん重要ですし、現代においては必須のコミュニケーションスキルの一つだと考えていますが、インスタのフォロワーの数がその人の人間性とイコールだとは全く思いません。

むしろ、そこそこフォロワーが多い人に直接会っても「あれ、こんな人なんだ…」ってガッカリするケースが結構多いんです。

結局、オフラインのコミュニケーションスキルをオンラインでしっかりと体現できないと全く意味が無いということ。その為の手段として、大好きなファッションを軸にブログをやっているので。

 

『外見を磨いて思考をプラスに持っていき、内面の美化に繋げる』という逆説的なアプローチを大切にすること。

順序はどっちでも良いんです。結局、ファッションは単なる遊びなんで、ファッションを通じて人生をしっかりと楽しめる方向に舵を切れればそれで良い。

 

僕は「もっと今の生活を楽しむにはどうしたら良いか?」を考えた結果が坊主だったのですが、大人になってする坊主は思った以上に最高ですよ。

時間もお金も節約出来ますし、余計なことも考えなくて済むので、必然的に努力する方向に舵を切れる。

 

今の僕にとって、”マイスタイル”だと胸を張って言えるのが坊主で、自分の『アイデンティティ』をしっかり体現したのも坊主なのです。

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…
  2. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!
  3. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿

関連記事

  1. 雑記

    復活しますた!!

    お久しぶりです。ここ三ヶ月くらい静寂を纏う…

  2. 雑記

    文字に書き起こして伝えていくということ

    ナスです。今回は雑記になります。こ…

  3. 雑記

    『恥をかいた分だけ自由になれる』 改めて多動力を読み返してみた

    おはようございます。大好きな7月が終わり、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. セレクトショップ特集

    セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…
  2. 財布

    長財布を手放して『物を入れれなくする財布』を手に入れました
  3. ナスのファッション指南

    夏も終わるので2017春夏に出来た最高のオシャレを振り返る
  4. トレンド

    2017年の秋冬はカラーで遊びたい!キーカラーはズバリ…
  5. ナスのファッション指南

    難しそうで以外と簡単な『チェック柄の取り入れ方』を教えます
PAGE TOP