シューズ

【最強スニーカー専用クリーナー】JASON MARKK(ジェイソンマーク)でスニーカーを磨いてみた!


 

こんにちは。

今回は最強スニーカークリーナーJASON MAEKK(ジェイソンマーク)について。

 

前々から存在自体は知ってたのですが、スニーカーを洗う際はタワシでゴシゴシで事足りるだろう!と思って手を出していませんでした。

ただ実際に買って使ってみると、めちゃめちゃ良い効果を実感したので、今回は写真を多く交えて解説したいと思います。

 

スポンサーリンク




 

そもそもジェイソンマークとは?


 

引用

スニーカーの本場アメリカで高品質なシューケアグッズを開発し続ける<JASON MARKK(ジェイソン マーク)>。強い化学薬品や研磨剤を含まず、独自の配合により、効果的な洗浄力で汚れを落とす事ができる“PREMIUM SHOE CLEANER”を開発。98.3%天然素材で環境にやさしく、さらに一般的なスニーカーに採用されるあらゆる素材に使用できることで、スニーカーファンから絶大な支持を得ています。

引用

 

ジェイソンマークは2007年にデビューして以来、高い洗浄能力が話題になり、多くのスニーカーショップやセレクトショップに常設されるようになりました。

有名どころだと、キックスラボやバーニーズニューヨークなどですね。

また、天然由来成分が98.3パーセントを占めているため、ナイロン、キャンバス、コットンなどはもちろん、レザー、スウェード、ヌバックなどにも使えます。

この汎用性の高さこそが多くのファンを獲得した要因でしょうね。

 

 

 

 

最初に準備したもの


 

ということで早速磨いてみましょう。

ただ、その前にある程度準備しなくてはいけないものがあります。

 

まずはジェイソンマーク本体。今回は定番の4 OZ. PREMIUM KITを使用します。

 

そして、水を入れる容器。ボウルでいいんですが、今回はダイソーのバケツ(税込108円)を使用。もはや、水が入ればなんでもいいです。

 

そして、タオル。今回は拭きやすいマイクロファイバーのタオルを使用。3枚組で税込108円。これもダイソーです。もちろんこれもタオルであればなんでもオッケー。

 

この三つがあればスニーカーはピカピカになります。それでは、早速磨いてみましょう。

 

 

 

 

今回はアディダスのスーパースター80’sを磨きます


 

閉所で踏みに踏まれたスーパースター。こんなに汚れた靴を履いていてはファッションは語れません。

 

汚いですね(笑)

 

ということで磨いていきましょう。

まずは水を溜めます。

 

そしてブラシを一回水に浸して

 

ソリューションをつけます。

 

そして、ブラシをもう一度軽く水に浸して

 

レッツブラッシング!!!

 

 

早速泡が凄いことになってます。

つま先からアッパーもご覧の通り。軽く磨いた時点でかな〜り落ちています。

 

トレフォイルロゴやかかとも泡泡です。泡が黒くなっているので、しっかり汚れが落ちているのがわかります。

 

こんな感じでしっかりとブラッシングしたところでマイクロファイバータオルの出番。

サクサク拭き取ります。意外と泡がしつこくなくスムーズに拭き取れるものですね。

 

いざ拭き取ってみて汚れが落としきれなかった箇所は再び磨きます。僕は今回は二回磨きました。大抵の汚れは二回磨けば大丈夫だと思います。

ということで左右比較。

完全に購入時の白さに戻すのはさすが無理ですが、その差は一目瞭然。この調子で、逆の足も磨きました。

時間に換算すると一足あたり5分あれば磨けると思います。

 

 

 

 

磨き終わり!ビフォー・アフターの差が凄い!


 

ビフォー…

 

アフター!!!

 

 

アウトソールも

ビフォー…

 

アフター!!!

 

素晴らしいですね。

正面から見てもこんな感じです。紐の汚れなんかはジェイソンマークの管轄外なので目をつぶって頂きたのですが、明らかに汚い靴を履いてるっていう印象は打破できると思います。

 

こんな感じでしっかり汚れを落としたあとは、自然乾燥です。

日中に数時間風通しの良いところで自然乾燥させれば、磨き終わりのシットリとした質感は無くなります。磨き終わりは「あ、水分含んでんなー」くらいにしか思わないくらい、ベタベタした感じは全くありません。

 

ちなみに一足磨き終わった後の、マイクロファイバータオルはこんな感じ。

左が新品未使用、右が今回使用したものです。かなり汚れが落ちたのがわかって頂けると思います。

一足でこれなんでまとめて洗浄するとなると、恐ろしいことになりますね(笑)

 

 

 

 

タワシでゴシゴシやってた頃に比べるとめちゃめちゃ楽


 

世界中で人気を博しているスニーカー専用クリーナーということもあり、洗浄力は思った以上でした。

 

個人的に、タワシに石鹸をつけて泡立てて磨いてた頃に比べるとかなり楽に汚れを落とすことができました(そもそも、タワシに石鹸ってのがなかなかの荒療法ですが…)

また、白地のキャンバス素材なんかを石鹸で洗い、完璧に石鹸の成分が残らないようにして水を切って、、、なんてことをしないと、生地が黄変したりするんです。黄変になるのもなかなかショックなんですが、通常の色に戻すだけでもかなりの労力を使います。

その点、ジェイソンマークは天然由来成分98.3パーセントのクリーナーなので、磨いた後の処理がタオルで拭き取るだけと、めちゃめちゃ楽なんです。拭き取りが甘くなって変色が見られたなんてケースも無いと聞きますし、スニーカーケアで使わない手はありません。匂いも全然きつくありませんし。

 

また、最初の準備さえしてしてしまえば、連続してスニーカーを磨いても大した時間はかかりません、もちろん汚れやスニーカーの数によっては個人差がありますが、年末年始の大掃除がてら一年間お世話になったスニーカーたちを磨き倒す!なんてことしても良いと思います。

いずれにせよ、靴が綺麗だと気分も晴れやかになりますね。オシャレは足元からなので、日頃のスニーカーのケアがしっかりできている人ほど他のファッションの細かいところに目が届くようになりますし、僕が知っているオシャレな人に靴が汚い人なんていません。

 

 

 

 

補足:種類が豊富なジェイソンマーク。用途に応じて使い分けるのもあり


 

まずは今回使用した4 OZ. PREMIUM KIT。最初はこちらから試して見てはいかがでしょうか。

 

お次にスウェードやヌバック専用ブラシ。ソリューションはそのままでブラシだけこちらに変えて通常の方法でブラッシングしてください。通常のブラシをスウェードに使うと、泡立ちがよくなかったり起毛感が損なわれたりするのでこちらは必須アイテムでしょう。

 

トラベルセット。キャリーバッグに忍ばせてもかさばらない大きさです。

 

クイックワイパーもあります。普段からバッグに忍ばせておくと急に汚れても対応できます。一枚あたり100円と安く、かつ汚れもよく落ちるのでオススメです。

 

コンプリートパック。ブラシが硬いものから、スウェード、ヌバックまで対応可能な柔らかいものまであるということで、これ一つでなんでも対応できます。

 

シューケアした後は防水スプレーも欠かせません。踏まれる等の物理的な汚れは避けられませんが、水はしっかりと弾きます。また、次回洗浄する際に汚れが落ちやすくなります。

 

このように、スニーカーケアにおけるラインナップも充実しているため、もはやジェイソンマークさえあれば今後ケアで困ることもなくなるでしょう。

常にピカピカの靴を履いて、良い気分でファッションを楽しんでいきましょう!

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…
  2. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!
  3. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿

関連記事

  1. アイテム

    【オシャレは足元から】靴に投資した方が良い3つの理由

    ナスです。今回の内容はザックリ言うと『四の…

  2. シューズ

    遊び心の効いたマルチカラーのスニーカーはめちゃめちゃ使える!

    ナスです。最近、新しくスニーカーを購入した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. アイテム

    【オシャレは足元から】靴に投資した方が良い3つの理由
  2. 未分類

    初心者向けファッション講座 (2)色味は5色までまとめよう
  3. ファッション哲学

    【何故装いに気を配るのか?】メラビアンの法則とファッションを結びつけて考察してみ…
  4. ロサンゼルス

    今が旬のロサンゼルス発のオススメブランド(ストリート編)
  5. ナスのファッション指南

    夏も終わるので2017春夏に出来た最高のオシャレを振り返る
PAGE TOP