アイテム

【冬の必需品】大判マフラーは防寒だけじゃない!狙うのは”小顔効果”


 

こんにちは。

今回は『大判マフラー』について。

 

ここ最近は冬将軍が本領発揮してきて、とにかくめちゃめちゃ寒い。九州の温暖な気候(とは言っても冬は寒いですが)で育った自分にとっては、東京の冬ですらもかなり堪えます。

ということで、寒い冬を乗り越えたいし、オシャレがしたい自分にとって今何が必要か…

そう考えた時に、真っ先に思い浮かんだのが”マフラー”でした。

 

しかも、めちゃめちゃボリューミーないわゆる大判マフラー。

そして、無事に先月手に入れたので、コーディネートを交えてしっかりと解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク




 

購入したのは大判のマルチカラーのマフラー


 

引用

こちらはTHE INOUE BROTHERS(ザ・イノウエブラザーズ)というブランドのマフラー。縦85cm、横205cmの大判サイズ。

THE INOUE BROTHERSはデンマーク・コペンハーゲン生まれの日本人兄弟、井上聡(さとる)と清史(きよし)によって2004年に設立されました。
2つの文化―日本の繊細さと北欧のシンプルさへの愛を基本として生まれたデザイン/アートスタジオを “Scandinasian”デザインと彼らは呼んでいます。

引用

 

デンマーク出身の日本人兄弟により創設された『高品質のアルパカ製品を可能な限り安く提供できる』ということに定評があるブランドです。

また、高級素材のアルパカを使用して素材だけでなく、製品自体のデザインやディティールにも拘っているのも特徴。ここ最近は、ユナイテッドアローズなどの大手セレクトショップにも毎シーズン取り扱いがあります。

 

基本的に服装のアクセントとして使いたかったので無地よりマルチカラーをチョイス。ベースの色がグレーなんで基本的になんでもあってしまうんです。

去年から欲しかったマフラーなんで今年ゲトれてよかったですね。

 

そんな感じでこのマフラーを使ったコーディネートはこちら。

 

巻き方は『バック巻き』という巻き方です。

一周ループさせて

 

一周交差させて結びます

 

そのまま結び目を後ろに回して完成!

 

これはgreen label relaxingさんのブログから抜粋しました。もっと巻き方が知りたい方は是非ご覧なられてください。

👉【覚えておきたい】冬のマフラー定番の巻き方5選+小ワザ

 

事項でコーディネートを解説します。

 

 

 

 

大判マフラーを使い”小顔効果”を実現


 

今回、大判マフラーを使用するにあたり拘った点はたくさんあります。

 

ファッション的な要素をざっくり書き出すと

  1. パンツのグレーとマフラーのベース色のグレーを合わせて統一感を出した
  2. 足元のマルチカラースニーカーとマルチカラーのマフラーを合わせて統一感を出した
  3. 首元周りのボリュームを出して対比効果を増幅させた

このような点でしょうか。

 

今回は特に3.に注目。この中に出てくる対比効果っていうのは、顔のボリュームとの対比です。

僕は冬になると基本的に顔だけ異様に太ります。特に顎周りの肉。なかなか汗をかかなくなる季節で顎周りの肉が落ちにくくなり、毎年悩まされます。

 

そんな中、大判マフラーを使うことのメリットは明確だと思います。まずは、顎周りをすっぽり覆えること。僕みたいな顔デブはそれだけで助けられます。

そして、首のくびれの部分をすっぽりとマフラーで覆うことで、視差効果で顔全体が小さく見えます。いわば、先端に向かって細くなる”ピラミッド”のような三角形を作れるのです。

 

 

 

 

巻き方を変えても”ピラミッド”はしっかりと作れる。だからマフラーは小顔効果を生む


 

こちらはワンループ巻きをしたルックです。

顔から首にかけてのくぼみの穴埋めをし、逆三角形のピラミッドを作り小顔効果を意識。僕はあんまり顔が小さくないんですが、着用したコートもワリとオーバーサイズなので、それも相まって視差効果で通常より顔が小さく見えているはずです。

 

やっぱりバック巻きが一番しっくりきますね。

顕著に首回りにボリュームが作れるだけでなく、とにかく暖かい。他の巻き方に比べて形状も崩れにくいので俄然おすすめです。

 

 

 

 

まとめ


 

いかがでしたか?

大判マフラーは単純に防寒だけの作用にあらず、今回特集した小顔効果もしっかりと発揮してくれます。

また、女性はそこをしっかりと理解した上で着用しているのが見て取れますが、男性はそこまでの意識を持った人は少なく感じます。

 

単純に垢抜けるための特効薬だけに飽き足らず、『自分をよく見せる』ということを念頭において考えると、小顔効果が即座に発揮できる大判マフラーは冬の必須アイテムでしょう。

冬はまだまだ続きます。しっかりと手中に収めてウィンターファッションを満喫しましょう!

The following two tabs change content below.

kokishibata

1993年熊本県生まれ。18歳まで熊本県で育ち、福岡の大学に進学。卒業後に上京し、現在は都内の某セレクトショップに勤務。趣味はファッション、Dj、ブログ運営。

ピックアップ記事

  1. リアル店舗の未来像とアパレル店員のあるべき姿
  2. 【月額380円】楽天マガジンでファッション誌読み漁るのがめっちゃ捗る!
  3. セレクトショップ:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の魅力とは?…

関連記事

  1. アイテム

    オシャレになりたければデニムをやめてみよう

    こんにちは。今回はズバリ、パンツについて。…

  2. アイテム

    【ファッションの基礎】白Tシャツオススメ5選

    現役セレクトショップ店員のナスです。今回は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

  1. ブログ関連

    【誕生日でした】23歳で得られたこと & 24歳でやるべきこと
  2. ナスのファッション指南

    難しそうで以外と簡単な『チェック柄の取り入れ方』を教えます
  3. 財布

    長財布を手放して『物を入れれなくする財布』を手に入れました
  4. ファッション哲学

    【何故装いに気を配るのか?】メラビアンの法則とファッションを結びつけて考察してみ…
  5. 雑記

    『恥をかいた分だけ自由になれる』 改めて多動力を読み返してみた
PAGE TOP